日記

運の良い女性

今日は桃の節句ですから女性のことを書きたいと思います。

まず、たとえば

「社会を明るくしたい」

という夢を持っているとしましょう。

そうしたら、

「女性が明るくなる」

ということを目指して行動をすると良いでしょう。

なぜなら、女性が明るくなると、それを見て男性は勝手に明るく
なるからです(笑)。

まさに

「女性は太陽である」

という言葉そのままです。

もしも、男性も女性も両方明るくするような計画を立てたり、
男性を明るくしようとがんばってみてもなかなか上手くいきません。

男性は頑固ですから、明るくしようと働きかければ働きかけるほど
意地になってますます暗くなろうとする変な生き物ですし(笑)。

仕事で考えますと、コストが無駄にかかることになりますから、
女性を明るくすることだけをミッションにしたほうが、効率が良
いということになります。

次に、寺山修司さんの言葉ですが、

「運の良い女性が好き」

ということがあります。

美人かそうでないか、明るいか暗いか、優しいか凶悪か、
健康か不健康か、太っているか痩せているか、など好みの女性の
タイプは男性それぞれですが、寺山さんは、

「運の良い女性」

が好きということです。
僕もそうです(笑)。

運について考え出すとオカルト的な話になってしまいますので
ここでは書きませんが、

「運の良い女性、周囲に好運をもたらす女性」

というのは確かに存在します。

そして、それと全く逆の女性も存在し、そういう女性が身近に
いる男性や子供たちの人生は悲劇であると言って良いでしょう。

今日の音楽

ルナ/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。