日記

面倒くさいことをすすんでやりましょう

仕事でも家庭でもプライベートな交友関係でも、相手に喜んで
もらうためには何をしたら良いでしょうか。

その答えは簡単で、

「面倒くさいことをすすんでやりましょう」

ということになります。

「面倒くさいこと」

の中にこそ、

「やる価値のあるもの」

が眠っていると言って良いでしょう。

それは、仕事の内容を高め、込められる熱量を高めますし、
何より相手に感謝してもらえます。

こちらが面倒に思うことは、相手にとっても面倒なことなのです
から、それを引き受ける人は自然に感謝されるのです。

また、面倒くさいことは実践するのにかなりのエネルギーを使い
ますから、その中に自らすすんで身を置くことで、人間が鍛えら
れるでしょう。

そして、次にそれと同じレベルのものに向き合った時には、以前
よりも苦労を感じることなく実践できるくらいに、自分自身を
レベルアップさせることができるでしょう。

よって、

「面倒くさいことをすすんでやりましょう」

という結論に至ります。

今日もくだらないことを書きました。
お付き合いいただきまして、ありがとうございます。

今日の音楽

曇り空/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。