日記

あの人、どうしているだろう

遠い昔に営業にお邪魔した会社や、お世話になった会社のことを
ふと思い出して、Webサイトを見てみることがあります。

残念ながら「NOT FOUND」と表示されることもありますが、多く
の場合、今も変わらず運営していることを知って、不思議な
嬉しさを感じます。

新しい商品やサービス、リリースした作品、ブログなどを見て
その会社の近況を知り、同時にそれまでの時間を想います。

「あの人、どうしているだろう」

とふと思ってインターネットで検索し、その人のSNSやブログを
見た時の不思議な気持ち。嬉しさと切なさと心強さと。

SNSなどのインターネットコミュニケーションを

「いつでもつながっている」

と宣伝されることが多いですが、毎日毎日メッセージのやり取り
をしたりその日食べた料理の写真を見たりすることにではなく、
こういった瞬間に「つながっている」ということを意識します。

つまり、人とつながっているのではなく、過去の縁や思い出、
今も変わらずあの人はがんばっているという現在とリンクした感
じにつながることができるという感覚です。

今日の音楽

悲しみの空(バージョン2)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。