日記

予想と準備と実践について

「未来のことは誰にも分からない」

ということは、ぼんやりと認識していても、それはあくまでも
ぼんやりとであって、自分でも気付かないうちに、ある漠然とし
た未来像を思い描き、それがまるで本当に起こることのように、
強く認識してしまっているというようなことがあるものです。

そのため、

「まさかこんな風になるとは思わなかった」

というような局面にたくさん遭遇することになります。

「まさかこんな風に・・・」と感じるということは、こんな風で
はない未来像を、無意識のうちに信じてしまっていたということ
の証明です。

ある程度の予想をしておくことは重要です。

目的地を決めてから大海原に乗り出さなければ、ただ漂流する
だけになってしまうでしょう。

しかしそれはあくまでも予想であって、それをいつしか過信して
しまう自分自身をしっかり管理・制御しなければなりません。

どんな時でも

「思い通りには決してならないだろう」

ということを心の中に置いておき、ありとあらゆる悲劇的な結末
とそうなった時の対処法をセットで準備しておく必要があります。

その上で、勇気を持って、実践の航海を始めるのです。

今日の音楽

陽が昇る/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。