日記

食べ物と運動

「身体がすべての土台である」

というのは、よく耳にする言葉ですし、当たり前すぎて誰でも
分かっていることなのですが、そのことを痛切に実感するのは、
恐るべきことに、身体を壊した時です(笑)。

実際に失ってみなければそのことの意味を理解し生かすことが
できないなんて、人間は本当に愚かな生き物ですね。

「健康に気を付ける」

というのは、長生きしようなどということだけではなく、仕事や
暮らしをいつものように円滑に遂行・実践するための「準備」と
して、日々必ず管理されなければいけないことなのですね。

そして、健康とは何でしょう。

「食べ物と運動である」

と言うことができるでしょう。

NHKのあるドキュメンタリー番組で、優しそうなおばあさんが、

「人間の身体は、食べたものでしか作られない」

とおっしゃっていたのを聞いたことがあります。

当たり前のことですが、当たり前すぎて、強く意識されることな
く心を素通りしてしまうほどです。

そして、北野大さんは、

「5階くらいなら、エレベーターになんて乗りません。
 電気のエネルギーではなく、自分のエネルギーを使います」

とおっしゃっていました。

自分のエネルギーを使う=運動は、身体を自動的に良い状態に
調整し、高めてくれるでしょう。

自らの身体を構成するための材料であることを認識しながら食べ、
自動的な身体の調整のために積極的に運動をしたいものです。

今日の音楽

カーニバル/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。