日記

相手のことを考える難しさについて

「相手のことを考えましょう」

と簡単に言われますが、それが出来る人はいったいどのくらい
いるでしょう。

相手のことを考えるのは「自分」ですから、どうしてもそこに
自分の感情が少なからず反映されてしまいます。

自分の感情を少しも反映させることなく、相手のことを考える
ことが出来るとすれば、それは感情を持たないロボットという
ことになるでしょう(笑)。

感情が反映されてしまうということは、相手から何かを引き出し、
相手よりも自分の利益のことを先に考えてしまう欲だけではなく、
相手の機嫌を損ねないようにという恐怖に似た種類のものもあり
ます。

そのどちらも、相手にとっては無関係なものであり、関係がある
のは自分自身となりますので、そこに引きずられているのであれ
ばそれは、相手のことを考えたことにはならないでしょう。

相手のことを考えるのは本当に難しいものです。

今日の音楽

水の中/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。