日記

失敗してもうれしい

仕事でも暮らしのことでも何でも、

◆1、やり方を知る

◆2、やる

◆3、結果を受け止めてやり方を調整し、再度やる

これを延々繰り返すだけです。

これが「仕事をする」ということですし、「生きる」ということ
でもあります。

しかし、「1」で止まってしまう人の何と多いことでしょう。
【知識偏重】という言葉がありますが、「知る」ことによって
安心してしまい、それが行動に生かされることがないのです。

「1」を終えたなら、「2」まで進まなければもったいないです。

「3」で出現する「結果」が怖いのでしょうか。

そのような感情は人間であれば当然のことですから、
「怖いのは当たり前」と開き直って「2」に進みましょう。

「2」と「3」を繰り返しているうちに、恐怖感が薄れて、次第に
喜びに変わってくることをお感じいただけるでしょう。

変な言い方になりますが、

「失敗してもうれしい」

という気持ちになります。

それは、失敗から貴重なものを得られることを知るからでしょう。

今日の音楽

悲しみの空/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。