日記

仕事について

「仕事」というものについて考えてみたいと思います。

手元の辞書によると、

【仕事(しごと)】
1、するべきこと。しなければならないこと。
2、生計を立てるために従事する勤め。職業。
3、物体の力の成分と移動距離の掛け算で表される量のこと。
4、裁縫。針仕事。
5、しわざ。所業。

となっており、3、4、5、はあまり考えることがないとしても、
1、2、はおおよそ誰でも考えた通りの意味だと思います。

僕はここに、

「自分以外の誰かの喜びのために、
 自分が苦痛を引き受けること」

という意味を加えたいと、勝手に思っています。

直接的に、自分の喜びのために行うことはすべて趣味。
他人に奉仕して、間接的に自分の喜びを得るために行うのが仕事。

というシンプルな考え方です。

自分の好きなことを自分の好きなようにやるのは趣味から一歩も
出ることはできず、もしもお客さんに

「あなたの好きなようにやってください」

と言ってもらえたとしても、お客さんのことを考えず、自分の
喜びだけにフォーカスしていたのでは、それは仕事をするという
ことにならないでしょう。

自分じゃない誰かに喜んでもらえなければ、仕事しての意味は
ないのです。

今日の音楽

風の妖精/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。