日記

好きなことと好きな人

まず、あなたの好きなことをやりましょう。

あなたの人生は、あなたが主人公の映画のようなものなのですか
ら、主人公であるあなたを中心として世界はまわるのです。
好きなことをして生きないなんて生まれた意味がないでしょう。

とは言え、理由があって好きなことができないこともあります。
(むしろそのほうが多いでしょう)

そういう時は、今やっていること、やらなければいけないことを
好きになってみましょう。

何より、あなたがやるのですから、他の人がやるのとは違って
あなたらしさが自然に入り込むことになり、そこに愛着が生まれ
る可能性があります。

好きなことをやるか、やっていることを好きになるか。
そのどちらでも同じことです。

次に、好きな人に好きになってもらえるようがんばりましょう。

たくさんの人、世界中のすべての人に好きになってもらうことな
んてできませんし、無意味です。
なぜなら、ある人にとっての「好き」は、別のある人にとっての
「嫌い」であるからです。

人間は欲ばりな生き物ですから、すべての人に愛されようという
方向に気持ちが向きますが、これを正さなくてはいけません。

ごく僅か、たった一人であっても、好きな人に好きになってもら
えたほうが大きな幸せを手にすることができるでしょう。

しかしながら、好きな人ができないこともあります。

そういう時は、あなたを好きだと言ってくれる人を好きになって
みましょう。

何より、あなたのことを好きな人なのですから、あなたにとって
特別な存在でないはずはありません。

好きな人を好きになるか、自分を好きだと言ってくれる人を好き
になるか。
そのどちらでも同じことです。

今日の音楽

砂糖菓子のワルツ(チェレスタ)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。