日記

困難に直面したらまずはハッタリを決めよう

困難に直面した時、前傾姿勢で立ち向かうか、及び腰になって
上半身を後ろに反らせてビクビクしながら向かっていくか。

性格によって分かれるところです。

同じ困難に立ち向かうのでも、前傾の角度で勢いよく突き進んだ
ほうが、突破できる可能性も高まります。

特に「対人」に関することにおいては、及び腰で向かうと相手は
こちらの臆病さに気が付いて襲い掛かってくるでしょう。

たとえポーズであったとしても、自身満々で立ち向かっていくほ
うが良い結果が得られる場合が多いのです。

困難に直面したらまず必要なのは、ハッタリ。

不安の暗闇に落ちている時であったとしても、

「できる」

「こんなの大したことない」

とハッタリを決めましょう。

そして、その強い心のまま、前傾姿勢で立ち向かっていくのです。

きっとうまくいくでしょう。

今日の音楽

子供たち/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。