日記

間違っていると思ったら

「間違った」と判断した時に、

◆1、今やっていることを即座にストップする

◆2、正しいやり方を確認する

◆3、正しいやり方を実践する

という流れを辿って行動し直すわけですが、頭では分かっていて
も、いざ当事者になるとこれがなかなか難しく、「1」の段階で
つまずいてしまいます。

間違っていると分かっていても、なかなか行動を止めることが
できないのです。

これは一つには、「慣れ」ということがあり、人間はいつも通り
のことをしていると「安心」を得ることができ、それが間違って
いることだったとしても、その安心感のほうを優先させてしまう
からです。

もう一つには、横に並んでいる人たちを見て、それに同調しよう
という気持ちになるからです。

間違っていると思っても、

「みんながやっているから」

という理由で、そのまま行動し続けてしまうのです。

これは歴史上の戦争を見るとよく分かりますね。

間違ったと自分自身が判断をしたら、まず行動をストップする
ことに全力を尽くし、同時に周囲の声に同調しない強い気持ちを
持たなければいけないでしょう。

今日の音楽

星の降る森(バージョン2)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。