日記

やることの範囲はどのくらい狭めたら良いか

「やることの範囲はどのくらいまで絞ると良いのですか」

と、尊敬している仕事仲間に訊いたところ、

「極限まで狭くすると良い」

と言われました。

また、

「拡げようと思わなくても勝手に拡がってしまうもの」

とも言われました。

人間はあっちにもこっちにも手を出したい生き物であるがゆえ、
極限まで狭くするように意識することで、ちょうど良いあんばい
になるのかもしれません。

たとえば音楽でも、作曲家はどんな曲でも作れるものですが、
クラシック専門、ジャズ専門、映画音楽専門、といろいろあり、
範囲を自ら狭めることで深く追求することを可能にしています。

「これをやる」

ではなく、

「これ以外はすべてやらない」

と決断することが、物事を深めていく第一歩となるでしょう。

今日の音楽

星の降る森(バージョン2)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。