日記

自分の心ほど当てにならないものはありません

仕事をする上では、「チューニング」ということがとても重要だ
と思っています。

同じ技術を使って、同じ内容の仕事をするのでも、その日の天候、
その日の機材の調子、お客さんの好みなどによって、微細な調整
が必要であり、そのチューニングこそプロの命であるからです。

そして、最大の注意を払ってチューニングするべきなのは、
その日その時の「自分自身の心の状態」です。

奥さんに叱られて落ち込んでいる翌日や、好きな球団が敗北して
イライラしている翌日などは、チューニングこそが大仕事となる
でしょう(笑)。

自分の心だから、いつでも好きなように自分の思うがままになる
と思ったら大間違いです。

この世に、自分の心ほど当てにならないものがあるでしょうか。

仕事に入る前には、冷徹に、機械的に、自分の心をチューニング
する必要があるでしょう。

今日の音楽

レッスン(バージョン2)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。