日記

無理にでも「休み」を入れましょう

朝起きて一番最初にやった仕事の出来栄えの良さ。

これは、多くの人が経験したことがあることでしょう。

同じ仕事でも、昨日の夜遅く、一日の疲労が蓄積している状態で
やったのでは、同じ成果にはならなかったはずです。

このことからも分かりますが、仕事と仕事の間に挟み込む「休み」
の価値を、もっとしっかり考えてみる必要があるでしょう。

「疲れたから休む」

というのとは違い、頭を切り替えるため、気持ちをリフレッシュ
するため、というようなものであり、

「仕事の質を上げるために休む」

ということになります。

つまり、疲れていなくても、次にやる仕事の質のためには、無理
にでも休みを入れたほうが良いということです。

プロというのは、仕事の質を維持するために、上手に休める人の
ことを言うのかもしれません。

今日の音楽

美しい雨/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。