日記

水泳の魅力

梅雨が終わり夏真っ盛りですが、いかがお過ごしでしょうか。

僕は世界一の汗っかきで、滝のように流れ落ちる汗のせいで集中
力が乱されるために、夏はあまり好きではありませんので、
ひどく憂鬱な毎日を過ごしております。

泳いだら気持ちいいだろうなあと思いますが、金槌なので、
水に入ると溺れますから、海やプールに行くこともできません。

ところが最近、あらゆる運動の中で、水泳こそがもっとも効率
の良い運動なのではないかという考えにとらわれ出したのです。

人間は本来、陸上で生活する生き物ですから、水の中というのは
特殊な環境であり、ちょっとでも気を抜くと命を落としかねない
危険な場所であると言えるでしょう。

そのような環境に身を置くと、無意識のうちに身体と精神の全て、
それこそ全身全霊で生きようとするでしょう。
身体の無駄な部分が燃焼し、必要な部分が強化されます。

水泳をやっている人の身体は、無駄のない美しい筋肉で包まれて
いると感じます。

健康維持のためにも、今こそ水泳を始めようかと妄想しています。

今日の音楽

水の中/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。