日記

作曲も具体的な小さなことの積み重ねで成り立っています

どんな仕事も、生活上のどんな事でも、すべて

「具体的な小さなこと」

の積み重ねで成り立っています。

たとえば、僕がやっている作曲、音楽制作という仕事ですが、
ひらめきや発想、インスピレーションやイマジネーションなど
具体的なこととはかけ離れているものだとお考えの方が多いよう
ですが、実際その内容は、具体的なことの集合です。

作曲をするにはどうしたら良いか。

まず、五線紙と鉛筆を目の前に準備しなければいけません。

音源の制作であれば、DAW(音楽制作ソフト)を立ち上げなけれ
ばいけません。

これらの作業にとても時間がかかります(笑)。

こんなに単純な具体的なこと、誰でもできることが、人間には
なかなかできません。
(怠惰な僕だけのことなのかもしれませんが。。。)

次に、五線紙に何か音符を書きます。

「いや、こうじゃない、間違った」

と思ったら、今書いた音符を消して、別の音符を書きます。

その具体的な行為の繰り返しです。

音源の制作であれば、新規トラックを作って、そこに楽器の音色
を割り当て、トラック名をタイピングします。

次に、楽譜を書くのと同じように、音符を入力し、

「いや、違う、こうじゃない」

と思ったら、今入力した音符を消して、別の音符を入力します。

その具体的な行為の繰り返しです。

ただそれを延々とやり続けるだけ。

具体的な小さなことがたくさん積み重なった時、
具体的な小さなイメージからかけ離れたものが完成します。

今日の音楽

朝の散歩/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。