日記

火星と生活環境と人の心

火星が15年ぶりに地球に大接近しているということで、夜の9時
頃に夜空を見ると真っ赤な大きな星があります。

僕のご先祖様も、もっともっと大昔の人たちも、同じような夜空
や星を見ていたはずで、変化したのは、住んでいる人間の生活環
境と心だけでしょう。

生活環境を良くすることを目指して今も人間は生きていますが、
むかしの人たちもそうだったはずであり、それは現在において
大きく実現しています。

その結果、心のほうはどうなったでしょうか。

むかしよりも生活に余裕が生まれて、その分、余計なことを
考えなければならなくなりましたし、しなくても良いことを
しなければならなくなりました。

もしかしたら、むかしの人たちよりも、心のほうは忙しない状況
に陥っているのではないでしょうか。

この豊かな生活環境を維持したままで心を安定させるためには、
自分自身で感情を高度に制御しなければならないという難しい
時代に入っています。

今日の音楽

ユニバース/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。