日記

欠点を知るだけで、もう半分クリアしたようなもの

自分の欠点は自分が一番良く知っているはずですが、認めたくな
いという気持ちが心のどこかにあるために、改善せずにそのまま
放置してしまうことが多いものです。

心の奥底に隠してしまって自分でも自分の欠点が分からないとい
うような心理状態になってしまっている場合もあり、そんな時は
他者からの指摘で気付けることがあり、それは自らの欠点を認識
する最後のチャンスとなります。

自分でも気が付かず、他者も指摘してくれないということになる
と、欠点は改善されることなく死ぬまでそのままでしょう。
それはとても不幸なことです。

自分で気が付かないなら、他者の指摘は感謝に値するものです。

欠点を認識できた後は、その改善に全力で取り組むことになりま
すが、それは自分一人だけでする孤独な戦いです。

何度やってもなかなかうまくはいかないでしょう。

しかし、自らの欠点を知ることができたたけで、もう半分はクリ
アしていることになるのですから、あともう半分だけ、努力を
する価値は大いにあるでしょう。

今日の音楽

ある秋の物語(ピアノ)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。