日記

ウィスキーと作曲

秋がやってきて、お酒が美味しい季節になりました。

夏の間はあまり飲まずに暮らしていましたが、いよいよ昨日から
飲酒を再開しました。

僕はもっぱらウィスキーのストレート。
珈琲を飲む感覚でゆっくり少しずつ味わうのが好きです。

いくら飲んでも泥酔することのない人間ですが、酔いがゆっくり
と脳と心に浸透し、物思いに耽る時間は心地良いものです。

いけないことですが、ウィスキーの酔いがまわった状態で仕事を
すると良いものができあがることがあります。

夜に書いたポエムを朝に読み返して幻滅する女子中学生と同じく、
お酒に酔った状態で作るものは翌朝に酔いが醒めて見ると駄作で
あることが多いのですが、たまに良品ができることがあります。

素面でのチェックを厳格に行うことを前提とするなら、お酒に
酔った状態で仕事をしても問題はありません。

今日の音楽

ウィスキーブギ/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。