日記

自分で決めたルールを守るためには

「自分で決めたことを守ることができない」

ということでお悩みの方は多いのではないでしょうか。
僕もその一人です(笑)。

これをやろう、これをしないようにしようと固く決意しても、
もうその日のうちにその誓いは破られ、自己嫌悪だけが後に
残ります。

決意が甘いのだ、気持ちが弱いのだと自分自身を非難することは
簡単ですが、もっと現実的に、自分で決めたことをしっかり守る
ためにはどうしたら良いのでしょうか。

それは、

「ルールをもっと小さくする」

ということです。

目標をうまく実践できない時には細分化すると良いということを
先日書きましたが、それと同じですね。

守るべきルールが、現在の自分のサイズに合っていなければ、
それを守ることなどとうていできないのです。

たとえば、ダイエットをしようと思い立ち、

「お菓子は食べない」

と宣言したところで、果たしてそれが守られるでしょうか。

甘いものが大好きな僕は絶対に守ることができません(笑)。

そのルールをさらに小さくしてみましょう。

「お菓子は食べても良い。しかし、一日3つまで」

というように自分の現在の欲望のサイズに合わせてハードルを
下げ、まずはこれを100%守れるようにします。

とても小さなルールであったとしても、

「ルールを守った」

という実感を得ることが大切なのです。

今日の音楽

感傷の秋(ピアノ)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。