日記

「感動」を作り出すには

音楽家や映画監督、画家や作家などは、「感動」を人為的に作り
出すことを仕事にしていますから、「人間の心」の研究者である
とも言えるでしょう。

心の動き方を熟知していなければ、感動を生み出すことはできな
いからです。

たとえば音楽で言えば、

「この音をこうやって鳴らしたら、人間はこう感じる」

「この和音進行によって、心の中にこういう状態が生じる」

などというような事例をたくさん知っていなければいけません。

また、時代も考慮に入れる必要があるでしょう。

むかしの人が感動したポイントがそっくりそのまま、現代人の心
に響くとは限りませんし、社会環境の変化によって人の感覚も
変化していますからそれに合わせなければなりません。

そして、「感動」ということにおいてもっとも重要となるのが、
作者の熱意、真剣さ、一生懸命さということになるでしょう。

「ある人がこれを一生懸命作った」

「ある人が命がけで作った作品」

ということは、それを受け取る人にストレートに響きます。

今日の音楽

砂糖菓子のワルツ/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。