日記

人の名前を覚えられません

人の名前を覚えるのがとても苦手です。

先日も仕事でたくさんの初対面の方々にお会いしたのですが、
こんなことがありました。

初対面の方は名刺交換をしますし、その人の顔と名前をしっかり
覚えようと最初から気合が入っていますから、ミーティングの間
も名前を覚えておくことができました。

そのミーティングには、以前から仕事でお世話になっている方と
同席し、その方は僕の隣に座っていました。

自己紹介の時に、

「こちらの○○さんからご縁をいただき・・・」

と言おうとしたら、何と、あろうことか、隣にいるその恩人の
お名前がなかなか出てこないのです。

ついさっきまで「○○さん」と名前を呼びながら会話をしていた
にも関わらず、その名前を言えなくなってしまうなんて、
緊張というのは何と恐ろしいのでしょう。

結局、自己紹介の間中思い出すことができず、隣に座っていらっ
しゃったその方を手で示しながら、

「彼女からご縁をいただき・・・」

という何とも失礼な苦肉の策の言となってしまったのです。

学生時代には、付き合っている女性の名前まで言えなくなって
しまったことがあり(その時も緊張するシチュエーションでし
た)、自分の恥ずべき欠陥に大いに落胆したものですが、それが
未だに直っておらず愕然としました。

「その人に興味がないから名前を忘れるのよ」

と叱られたこともたくさんあります。

そうではないのです。

その人に対する人間的な興味は、周囲にいる他のどんな人よりも
あり、この人とたくさん話したい、ずっと話していたい、この人
のことをもっと知りたいといつも思います。

その人の話や生き方、仕事ぶり、人柄、癖などに興味のすべて
が向いてしまい、名前を覚えるということに神経を使うことが
なかなかできないのです。

しかし、名前というのはとても大切なもの。
その人が親からもらった宝物です。

相手の名前を覚えるということに、もっと意識を向けなければ
いけないと反省しています。

今日の音楽

モンスーン/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。