日記

心のバランスを取るには

「バランスを取る」ということはあらゆることにおいて重要です。

音楽や美術などでは、各素材の絶妙なバランスの上に美が成り立
ちますし、料理でも甘い、辛い、しょっぱい、色彩、分量など
あらゆる要素が絶妙なバランスを取ってこそ、「美味しい」と
感じさせることができます。

これは、人間の心においても同じです。

喜怒哀楽、欲望と恐怖、それらが絶妙なバランスを保った時、
心に平静さと安定が生まれ、行動を最大化できるのです。

では、バランスを取るにはどうしたら良いでしょう。

それは、

「傾いているのと真逆のものを取り込む」

ということになります。

身体が右に傾いて倒れそうになったら反射的に左に重心をかける
と思いますが、あれと同じですね。

物事が上手くいって有頂天になっている時こそ、今後起こるかも
しれない最悪の事態を考えて心を引き締めます。

大失敗をしてひどく落ち込んでいる時こそ、

「大丈夫、何とかなる」

とつぶやいてみます。

そうすることによって心が最適なバランスを取り戻し、適切に
行動できるようになるでしょう。

今日の音楽

幼稚園/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。