日記

忍耐の先にある大きな価値

できるだけ楽な方へ、できるだけ即席に、ということばかり考え
ている怠惰な僕は、もっと忍耐強くなりたいといつも思います。

楽なところまでは誰でもすることができますので、そこに価値は
なく、忍耐強く、我慢強くならなければ入れない領域にこそ、
ごく少数の人間のみが得られる大きな価値が存在しています。

つまり、忍耐強く取り組めば取り組むほど、他の人は決して
得られないものを手にすることができるということになります。

一度でもそうやって何かを得た人は、経験として身に付きます
から、忍耐を忍耐とは思わなくなって、欲しいものを得るために
必要なことであると考えられるようになるでしょう。

たった一度でも忍耐によって何か大きな価値を得るという経験が
必要なのです。

今日の音楽

森のささやき/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。