日記

ネガティブな感情に心が支配されたら

失敗した悔しさやライバルに負けた悔しさ、物事が上手くいかな
い苛立ちなどのネガティブな感情はどのように扱ったら良いので
しょう。

その感情に翻弄されてしまうと一気に破滅への道を突き進みます。
悔しい気持ちによって行動が乱れてしまうのです。

いつもできることがなぜかできなくなってしまったり、普段はし
ないようなミスを連発してしまいます。
酷い時には、平坦な道で転んだり、食器を落として割ったり、
コーヒーを上手く注げずにこぼしてしまったりします。

そのくらい、ネガティブな感情というのは、人間の心と行動を
蝕む強力な力を持っているのです。

しかしながら僕たちの人生は、失敗や敗北にまみれていますし、
ネガティブな感情を抱くことを避けて通ることはできません。

ではどうしたら良いか。

ネガティブな感情を持ってしまったと感じたなら、まずはそれを
手放すことを試みてみましょう。

「まあいいや」

「だいじょうぶ」

という言葉を声に出して言ってみましょう。

いいですか、声に出して言うのですよ。
心の中で唱えるだけでは効果はありません。

それは、心を落ち着かせるための言葉を、音で、自分の耳から
取り込むことが必要だからです。

さらに強力なのは、

「ありがとう」

という言葉。

失敗したりライバルに負けたりしてネガティブな感情にまみれて
いるような時にありがとうだなんて言えないよと思うでしょう。

でも、騙されたと思って言ってみてください。声に出して。

ネガティブな感情を心から追い出すことができるでしょう。

さらに一歩進んで、ネガティブな感情を活用してしまう方法が
あるのですが、それはまた別の日に書きたいと思います。

今日の音楽

冬の窓/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。