日記

年末に感じる不思議な寂しさ

年末になると不思議な寂しさを感じます。

空気が冷たいために、人の温もりを求めるからでしょうか。

クリスマスのイルミネーションなどで街は輝き、どの人もみんな
何かわくわくした気持ちを抱えているように見えます。
街が輝き、賑やかであればあるほど、一層強く寂しさを感じます。

この寂しさは、この世の終わりといった絶望的なものではなく、
希望や美しさに包まれた不思議なものです。

街を歩いていても、部屋で年末の仕事をしていても、本を読んで
いても、人に会っていても、常に付きまとって心を離しません。

誰かと一緒にいても、大勢で騒いでいても、この寂しさは消える
ことはありません。
大勢で騒げば騒ぐほど余計に強くなるほどです。

そしてこの不思議な寂しさは、1月1日に一瞬で消え去ります。

今日の音楽

冬の窓/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。