日記

仕事における再現性について

仕事においては、「再現性」ということにもっとも重きを置かな
ければいけません。

同じ仕事を、いつでも、何回でも、同じ品質で提供することが
できなければ、それは仕事とは呼べないのです。

パン屋さんが、毎日違うパンを自分の好き勝手に焼いていたので
はそれは仕事ではなくて趣味です。

「あのパン屋さんのあのパンが美味しい」

というように商品として人々に認知されるから、人はそのパンを
食べたいと思った時にそのパン屋さんに行きます。

以前食べたパンをもう一度食べたいと思ってお店に行ったら無か
ったというのではがっかりしてしまうでしょう。

いつ行っても、その商品が必ずそこにあるという安心感は、
お店としての第一の存在価値となります。

また、仕事をするパン屋さんの側に立ってみれば、一度レシピを
作ってしまいさえすれば、いくつでも同じものを作ることができ、
これが、再現性の利用価値ということになります。

毎回異なる作品を作っているかのように見える作曲家や画家でも
そのアーティストの手法や持ち味には一貫性があり、ある表現を
したいと思った時に、特定の手法を使うことが多く、その手法が、
そのアーティストにとっての再現性の利用と言えるでしょう。

いつでも、何回でも。

さらにそこに「いつまでも」という要素を加えることが、
仕事を研鑽していく上で大切です。

今日の音楽

砂糖菓子のワルツ(チェレスタ)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。