日記

「できる」と「できない」の境界線

思ったような結果が出なかったり、上手く行動できないような時、
その原因は「感情」である場合が多いものです。

じゅうぶんにできる技術は持っているのに、感情が邪魔をして
できなくなります。

大きな悩み事があったり、誰かのことを心配していたりすると、
今行う実践に集中することができません。

その結果、まず小さな失敗をし、それがきっかけとなって気持ち
がどんどん挫けていき、やがて致命的な大失敗をおかします。

そして、

「わたしにはできない」

という断定を自らの心に下すことになるのです。

また、技術的にできるかできないかの瀬戸際に立っている場合、
「できない」とちょっとでも思ってしまうと本当にできません。
境界線の「できない側」に落ちてしまうのです。

ところが、同じような状況で「できる」と思うと本当にできます。
境界線の「できる側」に落ちるのです。

このように、感情によって容易く左右されてしまう人間です。

「わたしにはできる」

と思い続けることが、自らの持てる力を最大限に発揮するために
必要なことであることが分かります。

今日の音楽

幼稚園/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。