日記

やりたくないことをやり、やりたいことをやらない

やりたいことが決まったら、その分野の技術を高めることに集中
しなければならないのですが、その時に、

◆やりたくないことをやる

◆やりたいことをやらない

ということを判断基準にして実践を積み重ねると良いでしょう。

技術水準を上げるためには、自分を鍛練しなければならないの
ですが、それには苦痛が伴います。

苦しく、つらく、面倒なものを進んでやらなければいけません。

これらのものは「やりたくないもの」となります。

しかし、それをやるからこそ自分自身が鍛えられるわけですから
その道を進むと決めた以上、避けて通ることはできません。

よって、「やりたくないことをやる」という指針ができます。

次に、もともとその分野をやりたいと思ったのは、それが好きで
あるということが大きな理由でしょう。

つまり、好きなことを好きなようにやってしまうことで、
正しいやり方をいつまでも覚えられない危険性があります。

ここで「やりたいことをやらない」という指針ができます。

やりたくないことをやり、やりたいことをやらない。

これを基準に実践を積み重ねることで、技術が上がっていきます。

今日の音楽

眩暈(バージョン2)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。