日記

「悔しい」という感情の活用法

悪いと頭では分かっていてもどうしてもやってしまう、という
経験を人間ならば誰でも身に覚えがあると思います。

また、どうしても最後の最後までがんばりきることができずに、
物事を途中で諦めてしまったり、新しい夢や目標への第一歩が
なかなか踏み出せないということもあるでしょう。

心が「もうひと押し」を必要とする場合です。

そんな時は、過去に経験した悔しい思い出が役に立つでしょう。

人間は、悔しいという感情をネガティブに捉えがちですが、
自分を奮い立たせるのに大いに役に立ちます。

やり遂げたい行動に、その過去のことが直接結びついていなくて
もまったく構いません。

もうひとがんばりしなければいけないのに気力が出ないという
時には、悔しい過去を鮮やかに思い出してみましょう。

思い出してひどく落ち込んだり、はらわたが煮えくり返るような
感情が一瞬心に蘇ります。

その時に、

「この悔しさを消し去るためには、これをするしかない」

というように考えて行動に移りましょう。

悔しさがバネとなって踏ん張ることができるはずです。

そして、悔しいという気持ちが大きければ大きいほど、その威力
も大きくなります。

今日の音楽

新しい道/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。