日記

一生懸命、作りましょう

人間が作るものには、上手か下手かということの他に、作り手の
エネルギーがどのくらい入っているかということも反映されます。

上手か下手かは一目瞭然で、誰にでも簡単に分かります。

しかし、上手なのに何だか心に響かなかったり、技術的には下手
なのに心を震えさせるくらい感動を覚えるものもあります。

一番分かりやすい例に、子供の絵がありますね。

子供の絵は、大画家が描いた絵には及ばない下手なものですが、
なぜか心にぐっときます。

それは、子供が全身全霊で一生懸命描いたからでしょう。

その熱量が見ている人に伝わってくるのです。

絵でも音楽でも料理でも、上手な人がそれなりに作ったものとい
うのは、

「ああ、上手だな」

とは感じますが、心が震えるくらい感動することは少ないですね。

ものを作る時に、

「このくらいでいいだろう」

という中途半端な気持ちで作っていたのでは、作者の熱がまるで
入っていない、つまらないものになってしまいます。

創作をする時には、真剣に作る、一生懸命に作るということが
とても重要なのです。

今日の音楽

サンクチュアリ(バージョン2)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。