日記

どのくらい強く「やりたい」と思っているか

「どんな人でも、やろうと思えば何でもできる」

ということが、すでに何でもやっている人の口から語られる時、

「それはあなただからできるんだよ」

「無責任なことを言ってはいけない。できない人にはできないよ」

などという反論が起きます。

これには確かに一理あって、夢や目標の実現に、能力の差や環境
の差が大きく関係していることも確かです。

しかし注目してほしいのは、

「やろうと思えば」

という部分です。

自分は夢や目標に対して、いったいどのくらいの強さで

「やろう」

と思っているでしょうか。

その意欲の中に、

「○○だから、自分にはできない」

という言い訳が少しでも入っていないでしょうか。

もしも、

「○○だから、自分にはできない」

と言うのであれば、その○○を解決すれば良いはずですね。

自分の欠点を解決するには、

◆自己研鑽して技術を上げる

ということの他に、

◆できる人にその部分を助けてもらう

という方法もあります。

もしも環境が悪いと言うのなら、夢や目標に邁進できるように
環境を変えてみたら良いでしょう。

転職、引っ越し、家出など環境を変えることに全力を注ぐのです。

「環境が悪い」

と思っていながら、その環境に自分自身を置き続けるということ
では、一番最初に書いた

「やろうと思えば」

の強さが弱いということになってしまいます。

つまり、どんなことでもやろうと思えば誰でもできるのです。

「やれない」という「逃げ道」はありません。

今日の音楽

水の中/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。