日記

世界と自分自身

この世界では何が正しくて何が間違っているかは分かりません。

ある人にとっては正しいことが、別のある人にとっては間違って
いるということもあります。

全く同じ目的を持ち、全く同じやり方をしても、ある人は成功し、
ある人は失敗するということもあります。

どの道を進むのが自分にとって良いのか、実際に進んでみるまで
分からないのです。

また、ある時期は良くても、時代が移り変わると、それが通用し
なくなってしまうのもよくあることです。

この世界には善も悪も正しいも間違いもなく、あらゆる可能性が
混沌と存在しているだけです。

そこで大切になってくるのが、自分自身。

自分が、

「これが正しい。これをやろう。こうやってやろう」

というように、自分自身ですべて決めていくのです。

決めて、実践して、間違っていたと判断したら修正し、また実践。

この世に存在しているのは、世界と、決定と実践を繰り返して
いく自分自身だけです。

今日の音楽

お城への招待(バージョン5)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。