日記

作品の中で想いを押し付けてはいけません

昔観た映画を今もう一度観たら、あの時には感じなかった感情が
心に生まれた、という経験があるかと思います。

それは、本も音楽も同じですね。

一度観たり聞いたり読んだりしたのですから、ストーリーや登場
人物など、その内容は知っているはずです。

それなのに、そこから受け取る印象やそこから生まれる感情が、
以前とは異なるのです。

これは、鑑賞している自分自身が変わったためであると言えるで
しょう。

つまり作品というのは、鑑賞者がその時その時によって違うもの
を感じられるように作られたほうが良いということになります。

それは、

「押しつけない」

ということ。

創作者が熱い想いをもって取り組んでいるテーマがあったとして
も、それを鑑賞者に押し付けるようなことがあってはいけません。

「こうではないでしょうか」

「これはいかがですか」

「わたしはこう思うのですが」

というように、日頃他者に接する時にしているような姿勢で創作
することが必要だと思います。

今日の音楽

小さな願いごと/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。