日記

欠点が長所に変わります

人間が成長するためにまず必要なことは何でしょう。

それは、

「自分の欠点を知る」

ということだと思います。

自分の欠点を知るだなんてそんな簡単なこと、もう分かっている
よとおっしゃる方、果たして本当に心の底から自己認識できて
いるでしょうか。

まず、欠点というのは自分に不足している部分であり、弱点で
あり、自分が持っていないもの、技術の稚拙さなどですから、
それを認めることは決してやさしいことではありません。

人間は誰でも

「褒められて育つ子」

ですので、欠点を指摘されて嬉しい人などいるはずはなく、
大きなストレスを感じるはずです。

「自分の欠点はよく分かっている」

と言いいながら、心のどこかで反発したり、抵抗したり、
言い訳をしたりしているものです。

これでは、本当に知っているということになりません。

自分の欠点を目の当たりにして、それをしっかり受け入れられる
かどうか。

反発を感じたり、抵抗したり、言い訳をしたりしない。

「ああ、自分はこんな人間なんだ」

と欠点を丸ごと認めて、それを受け入れてしまうことです。

そこで初めて、自分の欠点を知ったと言えるでしょう。

次に、その欠点を長所に変える具体的な方法を考えましょう。

いいですか? 今、とても重要なことを書きました。

「欠点を改善する」

のではなく、

「欠点を長所に変える」

という風に考えるのです。

人間は誰でも欠点(と一般的に言われるもの)を持っています。
そしてそれは生涯直らないものであると僕は思っています。

なぜなら、人間はみんな特性を持って生まれ、その特性ごと育っ
て大人になりますが、欠点と呼ばれるものもまた、その特性を
構成している大切な要素の一つであるからです。

ですから、その欠点を長所に変えるにはどうしたら良いかを
具体的な行動を伴わせながら考えることが必要になります。

欠点というもののは破壊力はすごいものです。
これまでの多くの失敗がそれを物語っているでしょう。

それほど強いパワーが、欠点にはあります。

そのパワーを上手に活用するのです。

欠点に対する見方を変え、それを長所に変えるための具体的な
道筋を作ってあげましょう。

欠点はいつしか長所に変わるでしょう。

今日の音楽

決闘/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。