日記

今やるべき一つのことに集中するために

僕は極度の面倒くさがり屋ですから、何をする時も、

「あー、面倒だなあ、やりたくないなあ」

という気持ちが先に立ってしまい、なかなか始めることができま
せんでした。

「でした」と書いたのは、最近この問題を改善する方法を見つけ
て実践し、なかなかうまくいくようになったからです。

僕は昔からじっとしているのが苦手で、子供の頃、

「落ち着きのない子」

とよく言われていました。

いつも何かをやっていないと気がすまないのです。

忙しく動いていないと逆に疲れてしまうという変な性格なのです。

それなのに、いざ何かをやろうとする時のこの倦怠感はいったい
何だろう、と疑問に思ったことから、もう一度自分の状況を確認
してみました。

すると、目の前のことをやりたくないのではなく、他にもやりた
いことがいっぱいあって、それらに気持ちが引きずられてしまっ
ているためだと気が付いたのです。

そこで、何かをしようとして、気持ちが揺れたと感じた瞬間に、

「今、何をするか」

と自分自身に問いかけることにしました。

おまじないのように実際に声に出して言うこともあります。

「今、何をするか」

こんな風に心に問いかけることで、一つのことが頭の中に残り、
その他のすべてのやりたいことを後ろに配置することができます。

暗転したステージの上で、たった一つのことにスポットライトが
当たるようなイメージです。

「それしかすることがない、それをするしかない」

こんな風に思うことができて、すんなり始めることができます。

今日の音楽

古い言い伝え/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。