日記

失敗を許容しながら前に進みましょう

ひとつ実践をすると、成功もしくは失敗のどちらかの結果が
必ず出ます。

これは仕事でも趣味でも同じで、身体を通して何らかのアクショ
ンを起こせば、上手くいったか上手くいかなかったか、そのどち
らかの現実が必ず目の前に出現します。

そして、成功の場合も、失敗の場合も、そのどちらでも、人間の
心に良くない状態を作り上げます。

成功したら調子に乗りますし、失敗したら我を失くして狂います。

特に失敗が連続して起こると、恐怖を感じて、次のトライができ
なくなってしまいます。

このようなことはすべて、

「結果に対する期待が大きすぎる」

からであると言えるでしょう。

結果はもちろん大事です。

結果がすべてだと言っても良いでしょう。

あれこれ言い訳をしたり熱心に説明などしなくても、その人が
どんなことをやったか、どんな結果を出したかを見れば、
その人がどんな人なのか、おおよそ理解できます。

しかし、実践をする側から見ると、ひとつの実践によって出る
結果は、大したことはありません。

なぜなら、大きな夢を叶えるために実践しているのであり、
ひとつの実践の結果に右往左往するためにやっているのでは
ないからです。

「ベストを尽くして、期待しない」

という言葉がありますが、これが実践を積み上げていく時の
心構えとしてもっとも良い姿勢なのではないでしょうか。

実践に失敗は付き物です。

失敗を許容しながら、前に前に進んでいきましょう。

今日の音楽

赤い菊の花/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。