日記

正しい実践には苦痛が伴います

「ここでこうしなければならない」と分かっていたのに、
できなかった経験は何度あるでしょうか。

「ここでこれをしてはいけない」と分かっていたのに、
それをしてしまった経験は何度あるでしょうか。

僕は数えきれないくらい、そういう経験を持っています。

分かっているのに。

分かっていたのに。

そう、頭では分かっていてもできないことがほとんどであり、
それが原因で苦しみが生まれます。

つまり、理想(それをしたら良いと分かっていること)と
現実(心理的に敗北してできなくなってしまうこと)との乖離が
苦しみを生み出すのです。

これを改善するには、最初のうちは、自分の感情にフタをして、
感情を偽って、目をつぶって、実践を強行するしかありません。

感情は違うものを求めているのですから苦痛を感じるでしょう。

しかし、実践においては、感情よりも理想を信じることです。

仕事においては特にそうです。

「今日はのんびりしたい気分だから」

と言って、お客さんのオーダーを無視してぼんやりしている
マクドナルドの店員がいたらおかしいですよね。

仕事においては、感情よりも理想を優先させなければ、やって
いけないわけです。

「それをしたら良い」と分かっていることに、感情を寄り添わせ
ることに集中しましょう。

苦痛を感じている。

それが良い実践の証拠であると納得しましょう。

そんなことを繰り返しているうちに、やがていちいち苦痛を感じ
なくなってきます。

その時こそ、理想と現実が一致した実践が可能になるでしょう。

今日の音楽

カーニバル/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。