日記

意識するかしないか

どんなに小さなことでも、意識するかしないかによって、そこか
ら得られる結果が大きく変わってきます。

特に何気なく行っている日課についてこの効果は絶大です。

日課にしてしまえば、特に気合を入れる必要もありませんので、
やるのはすごく楽ですが、その内容密度に関しては低くなってし
まいがちです。

そこで普段何気なく行うことができるようになった日課に、もっと
気持ちを込めることができれば良いですね。

「意識してやるか、意識しないでやるか」

たとえば、僕は毎朝の筋トレを日課にしていますが、腕立て伏せ
をするにしても回数のカウントだけに心が向いてしまいがちです。

「ああ、あと何回やれば終わりか」

などと考えながらすることもあります。

しかし、そうではなくて、

「今、二の腕のこの部分の筋肉を鍛えている」

と意識するだけで、その結果は大きく違ってくるでしょう。

ドアの開け閉めにしても、

「ドアは、静かに、丁寧に開け閉めしよう」

と意識するだけで、周囲の人に不快感を与えることが少なくなる
はずです。

人間は、24時間の中で、たくさんの時間を、日課や無意識の動作、
惰性の動作に費やしています。

その中のごく一部でも、意識をしながら取り組むことができたら、
今よりももっと良くなるはずです。

今日の音楽

美しい雨(バージョン3)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。