日記

何をしてどうやって生きるか

何をしてどうやって生きるか。

まずは、自分がやろうと思う分野を決めましょう。

その時の判断材料としては、「好き」か「得意」でいいでしょう。

「好き」よりも「得意」のほうが一気に進めることができますが、
「好き」のほうが「得意」だけよりも長続きするものです。

そして、決めたなら、その範囲を極限まで狭くします。

たとえば、音楽をやると決めたら、どんなジャンルをやるか、
どんな人たちのための音楽を作るか、どんなテーマで、
どんなカラーで、どんな編成で・・・というように、
対象や特性をどんどん絞っていきます。

そして極限まで絞り込んだら、あとはトライ&エラーを延々繰り
返すだけです。

実践。

チャレンジ。

たくさんの失敗と、少しの成功。

失敗の分量を減らし、成功の分量を増やす。

成功の質を上げていく。

常に改善点を探す。

そのようなことを延々と死ぬまで繰り返すのです。

今日の音楽

チャレンジ/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。