日記

言葉が心に大きな影響を及ぼします

お部屋全体が水中に沈んだかのような梅雨が続いていますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

高温多湿は不快指数を上昇させますので、気分が優れない、
イライラする、憂鬱だという方が多いのではないでしょうか。

僕も梅雨から夏にかけてはとても苦手な季節ですので、心のコン
トロールに四苦八苦しています。

以前、仕事でお世話になった年上の女性が

「梅雨が苦手? 私は梅雨が大好きよ。
 湿気でお肌がしっとりする感じ。梅雨大好き」

などと言っていて衝撃を受けたことがあります。

何に衝撃を受けたのかと言うと、「梅雨大好き」という言葉を
音声として聞いた瞬間に僕の心の中で起きた変化に驚いたのです。

その言葉を聞いた瞬間に、梅雨に対する嫌悪感が薄らぎ、
憂鬱は消え去り、「梅雨もまあいいか」と思えたのです。

たった一言が心に与える影響の凄さに衝撃を受けました。

ある人が言った何気ない言葉が、別のある人に大きな影響を与え、
その人に力をくれたり、その人から力を奪ったりします。

言葉に宿るものを表現した「言魂」という言い方がありますが、
言葉にはそのような魔力が秘められていると実感します。

今日の音楽

幼稚園/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。