日記

感情を動かされたい

梅雨が長引いている感じがありますが、もうすぐ夏が本格的に
なるでしょう。

夏はいよいよお化けの出番ですが、人はなぜ怖いものがこんなに
好きなのでしょうね。

お化け、ジェットコースター。
キャーキャー言いながら心は躍ります。

人が恐怖を感じたいのは、

「感情を動かされたいから」

であると言えるでしょう。

よくよく考えてみますと、日常生活の中で感情を動かされること
というのはほとんどありません。

朝起きてから夜眠りに就くまで、ただ黙ってレールの上を進んで
いるだけという毎日です。

今は、映画や音楽、ゲームなどのエンターティメントが飽和状態
で、どれを見てもどれを聞いても心に響かず、感覚が麻痺したよ
うになっている人がほとんどなのではないでしょうか。

「感情が動く」

という体験をすることが難しい社会であると言えるでしょう。

お化け屋敷や遊園地のジェットコースターなど、よほど大きな
仕掛けがなければ感情は動かされなくなっています。

ほんのちょっとした出来事で喜怒哀楽を大きく心に受け止める
ことができたむかしのほうが豊かなのではないかと思ってしまう
くらいです。

今日の音楽

ゴースト/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。