日記

なまけもの

やろうと思ってもなかなかできないということが、
毎日何回も起きます。

やりたくないなあという思いが心の中に湧き起こって、
行動を止めようとします。

しかし、そこで動くことを止めてしまったのでは、
生きている意味はないと言えるのではないでしょうか。

やりたくないことを
やりたくない時に
どれだけできるか

ということが、その人間の真の力を計るポイントだそうです。

まず、「やりたくないこと」は誰の身にも起きていて、それは
日常茶飯事であるということを今一度認識しましょう。

誰でもみんなそうやって生きているのです。

そんな中、自分はどうするか。

やりたくないことから逃げて暮らすのか。

そうではないですね。

やりたくないことに向き合いながら生きるのです。

次に、やりたくないことをやりたくないと思う理由を考えてみま
しょう。

するとほとんどの場合、それは、

「心理的にやりたくない」

ということに気が付くでしょう。

つまり、技術的にはやれるのに、心が拒絶しているだけです。

では、なぜ心が拒絶するのか。

それを分析してみますと、そのほとんどは「怠惰」が原因である
ということに気が付くと思います。

人間の正体はなまけものだったのです。

今日の音楽

朝の散歩/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。