日記

ピンチはチャンスということを強く認識しましょう

「ピンチはチャンス」

という言葉がありますが、僕たちはこのことをどのくらい強く
認識できているでしょうか。

ただ何となく、そうだなと思っているとか、ピンチに陥った時の
心の慰め程度にしか思っていないのではないでしょうか。

まず、ピンチに陥るということは、自分の仕事や生活上のやり方
に改善の余地があるということになります。

上手くいっている時には気が付かなかった潜在的なリスクを表に
出して見せられたということになりますね。

つまり、自分自身の直したら良い部分を発見できるわけです。

次に、ピンチに陥ったということは、何とかしなければいけない
状況がセッティングされたということです。

人間はなかなか行動することができない生き物ですから、行動の
きっかけが与えられるということはラッキーなことです。

改善点が見つかり、行動力も刺激される。

今までとは違った人生に突き進むための道が自動的に用意された
ことになります。

今日の音楽

幼稚園3/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。