日記

幸せへの一歩

「ああ、生きてて良かったなあ」

とか、

「この世に生まれることができて本当に良かったなあ」

などと思うことがたまにあります。

それは本当に「たまに」であり、そうではないこと、つまり、
良くないこと、苦しいこと、つらいことのほうが桁違いに多いの
ですが、それでも、そのたった数回の良いことのためだけにでも、
生きている価値を十分に実感することができます。

それでも、人生には苦しいことなど一つもなくて、素晴らしいこ
とばかり起きると思えるでしょうか。

もしもそう思うことができるのなら、その人は、苦しみや悲しみ
もすべて人生を彩る花であり、そのすべてが、「たまに起こる
良いこと」につながるものとして認識できる人でしょう。

苦しみや悲しみもすべて、人生を彩る素晴らしい花の一つである
と捉えることができるのです。

そういうことができるかどうかは、その人の考え方の問題です。

良いことが起こっても、それを良いこととして感じることのでき
ない人がいかに多いか、僕はこれまでたくさん見てきました。

逆に、自分の身に起こった良いことを素直に受け止め、

「自分は幸せだ」

と思うことのできる人が、その後、ますます幸せな人生を歩んで
いったのも見てきました。

すべては考え方。

もしも今、自分のことを不幸せだと感じる人がいたなら、まず
真っ先にその考え方を変えることをお勧めしたいと思います。

今日の音楽

Gratitude/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。