日記

思い出の中に人生の宝物があります

生まれて良かったと思えるようなことがあるなら、それは、現在
に対してではなく、過去の思い出に対してであると思います。

今現在、嬉しい、楽しい、美味しい、などという気持ちになって
いても、それはまだ、生まれて良かったと思えるほどには昇華
されてはいません。
今現在ただそう感じているだけです。

もう過ぎ去ってしまった過去に思いを馳せ、思い出の中で、
あの時は嬉しかったな、楽しかったな、あれは美味しかったな、
あの人と会えて良かったな、などと回想する時に初めて、
自分の人生の価値を認識するのだと思います。

自分自身を振り返ってみてもそうです。

僕が、生まれて良かったなと感じるのは、いつも思い出の中に
幸せな瞬間を発見した時です。

誰かと一緒に過ごして嬉しかったことや楽しかったことをまるで
たった今感じたことのように思い出して幸せを感じます。

誰かと一緒に食べて美味しいと感じたお料理の味をまるでたった
今食べたばかりのように思い出して幸せを感じます。

今、嬉しい楽しい美味しいと感じるのは、単なる動物的な刹那の
感覚に過ぎず、それはまだ幸せとは呼べないような状態です。

思い出の中に人生の宝物があります。

そしてそのような宝物のような思い出を作り出す可能性が、
未来にはあります。

今日の音楽

輝く季節/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。