日記

わたしがやる

生きていると失敗することのほうが圧倒的に多いものですから、
いつしか心が折れて、失敗を誰かのせいにしたり、何かを理由に
して諦めてしまうことが多くなります。

しかし、被害者意識、受け身、他者依存というのは結局のところ
その場しのぎの刹那的な慰めにしかならず、人生の根本的な改善
にはつながりません。

それはもうすべての人が頭では分かっています。
しかし、心でそれを受け入れることが難しいのですよね。

自らの人生の主役は自分自身であり、どのようなことをやるのも
すべて自分の自由なのです。

たとえば、何かをやらなければならない時、何かをやらされる
ような状況の時にも、受け身の感覚ではなく、

「わたしがやる」

というように自分の内側から外側に向けて働きかけるという意識
で行っていくと良いでしょう。

どうせやらなければならないのですから、それを自分磨きに
役立てましょう。

今日の音楽

風神/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。