日記

人と人とが同じ空間で実践しなければ伝わらない

ZOOMやSkypeといったオンラインビデオミーティングサービスを
使って様々なレッスンが催されていますが、先日久し振りに
お会いすることができたピラティスの先生から、その限界点や
それをする上で心にかかるストレスのお話をお聞きしました。

また、僕の子供たちのピアノ先生も、

「やってみたけれど、レッスンの意味をなさない」

と言っていたのがとても印象的でした。

今はこのような状況ですから、「仕方なく」みんな使っている、
使うしかないのだと思いますが、疫病の蔓延が収束に向かうに
連れて、やはり人と人とが実際に一つの場所に集まって行うレッ
スンに戻ってくるだろうと思います。

なぜなら、「知る」だけのもであればオンラインレクチャーや
オンラインミーティングでじゅうぶんですが、実践を伴う「習う」
というものは、人と人とがお互いの呼吸を身近で聞きながら行わ
ないと伝授されない性質を持っているからです。

今回のことで、すべてがオンラインミーティングに移行するか
というとそうではなく、必要な会合か不必要な会合かがふるいに
かけられ、そのふるいの基準が厳格になっていくでしょう。

特に実践を伴うもの、レッスンのような習い事などは、「知る」
だけでは10%くらいしか習ったことにはなりませんから、
同じ空間で行う従来のレッスンの価値が再認識されるでしょう。

今までは、実際に会う必要のなかった人たちにも慣例的に会って
時間をつぶしていましたが、これからは、本当に会いたい人、
本当に会わなければいけない人にだけ会うということになって、
会合の質が向上するのでしょう。

今日の音楽

朝の散歩(バージョン2)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.