日記

抽象を具体に変換しましょう

抽象の世界から具体の世界へ。

ということをいつも考えています。

人間がやることは何でも、まずぼんやりした抽象の世界から始ま
ります。

幸せになりたいなあ。

わたしの夢は○○です。

などというように、抽象的な言葉で話すところから始まります。

そして多くの場合、この抽象の世界を泳いでいるだけで、
そこから先に進むことはありません。

内容は変わることがあるかもしれませんが、いつでも、そして
いつまでも、ぼんやりと思い描き、抽象的に話すだけです。

ここから先に一歩進むためには、具体の世界に足を踏み入れなけ
ればいけません。

「幸せになりたい」という抽象を具体的に言い換えてみます。

もしも、「お金持ちになりたい」という言葉が頭に浮かんだとし
ても、それでもまだ足りません。

もっと具体的に「1億円欲しい」と言いましょう。
さらには期限を付けてもっと具体的にしましょう。

「5年以内に1億円欲しい」

だんだん具体的になってきました。

そこにさらに手段を付け加えてみます。

「仕事をして5年以内に1億円を得る」

と言ってみると、今の仕事をしているだけで果たしてそれは可能
かどうか、仕事を変える必要はないかどうか、仕事以外の収入に
取り組む必要があるのではないか、などと具体的な考えが次々と
浮かんできます。

この時に需要なのは。

「できない」

と簡単に結論付けしないこと。

「できる」

という前提で、できるためにはどうするか、何をするかを考えて
みましょう。

「幸せになりたい」とぼんやりと抽象的に考えていた時に比べて、
くっきりと、現実的に、スピード感を持って考えることができる
と思います。

今日の音楽

スペクタクル(バージョン2)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.