日記

人生を遊び、人生をゲームだと考えましょう

「人生は遊びではない、人生はゲームではない」

などと言われますが、それは、

「人生を軽んじてはいけない」

ということを意味した言葉であり、実際は、

「人生を遊び、人生をゲームと考えて行動する」

と良い方向に行きやすいと思っています。

「遊び」というのは、楽しむ、余裕を持つ、ということであり、
日々の暮らしの中に楽しさを見つけながら生きていったほうが
良いに決まっていますし、ある程度の失敗や馬鹿な行動も吸収
できるくらいの余裕を常に持っていたいものです。

余裕・余白の存在が、遊びを許してくれるのです。

また、すべての行動に、クリアとゲームオーバーを設定すること
で、一回一回の行動について反省し、成長することができます。

行動の開始は、ゲームのスタート。

クリアかゲームオーバーによって、一つの行動の区切りとする
ことができます。

たとえば、

「ミッション:10分以内に美味しいコーヒーを淹れる」

とゲーム設定してみましょう。

お湯を沸かすための時間、コーヒー豆の分量、カップの用意など
行動のすべてが、美味しいコーヒーを淹れることに集中されます。

美味しいコーヒーができたならゲームクリア、いまいちだったら
ゲームオーバーと考えます。

ゲームオーバーだった時には、何がその原因だったかを自然に
考えることができるでしょう。

結果の検証に自動的に心が向くのです。

一連の行動をゲームとして考えなかったら、いまいちだったな
と思うだけで終わってしまいます。

ゲームと考えることで、「次こそ美味しく淹れよう」と思うこと
ができるでしょう。

つまり、人生をゲームと考えることで、「向上心」という最高の
思考を自分自身の中に持ち続けることができるのです。

今日の音楽

夏休み/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.